2019年9月18日(水)

大和高岡店が閉店 76年の歴史に幕

北陸
2019/8/25 19:43
保存
共有
印刷
その他

富山県第2の都市、高岡市で唯一の百貨店として親しまれた大和高岡店が25日、最後の営業を終えて閉店した。他業態との競争激化で業績不振が続き、開業から76年の歴史に幕を下ろした。市民からは市街地のシンボル的存在だった百貨店の閉店を惜しむ声が上がった。

閉店セレモニーであいさつする小杉店長(左)ら(25日、富山県高岡市)

閉店セレモニーであいさつする小杉店長(左)ら(25日、富山県高岡市)

大勢の市民が見守る中、午後6時半に閉店セレモニーを開催。小杉美和子店長は「地域の皆様に愛され、日本一幸せな百貨店だった」とあいさつした。店舗の近くに住み、週2~3回は食料品を買いにきているという60代の女性は「生まれた時からあった店。近隣で大手スーパーの閉店は何度も経験したが、百貨店がなくなるのは寂しさの度合いが全然違う」と話した。

大和高岡店は1943年に開業。94年に現在の場所に移転し、第三セクターの再開発ビル「御旅屋セリオ」の核テナントとして営業してきた。だが、近年はインターネット通販や郊外の大型商業施設に押され、2019年2月期の売上高は38億円とピーク時の3分の1以下に減少。3期連続の赤字になり、4月に大和が閉店方針を発表した。

9月11日からは規模を縮小したサテライトショップとして営業する。同ビルの1階に売り場を設け、ギフト品を中心に取り扱う。

大和は北陸を代表する百貨店。最盛期には新潟県を含め7店舗を展開していたが、市場の縮小とともに店舗の整理を余儀なくされた。10年には新潟県の長岡店や上越店、新潟店のほか、石川県の小松店を閉店した。今後は旗艦店の香林坊店(金沢市)、富山店(富山市)の2店舗体制で収益改善を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。