/

トランプ氏「米朝合意に違反せず」 北朝鮮ミサイル

【ビアリッツ(フランス南西部)=甲原潤之介】トランプ米大統領は25日、北朝鮮が続ける短距離弾道ミサイルの発射に関し「よく思ってはいないが、金正恩(キム・ジョンウン)委員長は米朝の合意に違反しているわけではない」と語った。改めて問題視しない考えを示し、安倍晋三首相との違いが鮮明になった。

首相との首脳会談の冒頭、記者団の質問に答えた。トランプ氏は金正恩氏が米韓軍事演習に不満でミサイル発射を繰り返していると訴え「私も演習は不要だと思っている」とも述べた。その後「短距離ミサイルは安倍首相の領域だ」と述べ、首相に話を振った。

首相は「国連(安全保障理事会の)決議違反だ。極めて遺憾だ」と語った。対北朝鮮でトランプ氏と緊密に連携しているとも強調した。トランプ氏は首相に理解を示し「金正恩氏と短距離ミサイルについて話したことがない。彼が発射している短距離ミサイルは標準的だ。多くの国が発射実験をしている」と話した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン