/

この記事は会員限定です

日米貿易交渉、早期決着へ思惑一致 高関税リスクなお

[有料会員限定]

【ビアリッツ(フランス南西部)=辻隆史】日米両政府は貿易交渉で異例のスピード決着を図った。早期に範囲を絞って妥結し、過度な要求を避けたい日本政府と、来年の大統領選を控え成果を急ぐ米政府の思惑が一致したためだ。高関税を振りかざして他国に譲歩を迫るトランプ米大統領の意向で局面は変わり、リスク含みの展開は続く。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1328文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン