2019年9月20日(金)

スペシャル

フォローする

ジョシュア、ルイスと再戦 キャリアかけた大一番
スポーツライター 杉浦大介

2019/8/26 5:30
共有
印刷
その他

2019年最大の一戦は中東の地で行われることになった。世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)、世界ボクシング機構(WBO)ヘビー級王者アンディ・ルイス・ジュニア(アメリカ)と前王者アンソニー・ジョシュア(イギリス)の因縁の再戦は、12月7日、サウジアラビアの首都リヤド郊外のディルイーヤで開催されることが決まった。

6月の対戦でジョシュア(左)は4度のダウンを奪われTKO負けを喫した=ロイター

6月の対戦でジョシュア(左)は4度のダウンを奪われTKO負けを喫した=ロイター

この2人は6月1日、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで初対決。絶対有利と目されていたジョシュアが無名のルイスに4度のダウンを奪われ、まさかの7回TKO負けを喫したのだった。

ロンドン五輪で金メダルを獲得し、プロでも22戦全勝(21KO)の快進撃を続けていた王者が陥落した衝撃的な一戦から約半年。今回のダイレクト・リマッチ(互いに別の相手との試合を挟まずに行う再戦)は、ボクシングの枠を超えた世界的な注目を集めることは間違いない。

近年最大級の大番狂わせで王座に就いたルイスは、試合後、米リングのシンデレラボーイとなった。メキシコ系としては史上初のヘビー級王者であること、直前に抜てきされた代役挑戦者だったこと、腹のだぶついたユーモラスな風貌であることといったエピソードもプラスに働き、タイトル獲得後は話題沸騰。再戦では前戦の倍以上とされる約1000万ドルのファイトマネーを手にすることになる(注・挑戦者ジョシュアはその3~4倍を稼ぐと目される)。

そのルイスに挑むジョシュアにとって、12月の試合は文字通りキャリアを左右する大一番である。勝てばスター街道に復帰し、「6月の試合はまぐれだった」と主張できる。負ければ商品価値の大暴落は必至で、2度と現代ボクシングを代表する立場に戻ることはあるまい。それほど大事なファイトを、戦い慣れたイギリスではなく、未知数のサウジアラビア開催にしたジョシュア側のエディ・ハーン・プロモーターの意図はどこにあるのか。

■臆測呼ぶサウジ開催

欧米におけるプロボクシングは"スポーツエンターテインメント・ビジネス"であり、ざっくり言えば"金もうけ"。ハーン・プロモーターはサウジ挙行の建前として"新規ファンの開拓"を挙げていたが、実際には現地投資家からの4000万ドル以上と呼ばれる巨額オファーに惹(ひ)かれたに他ならない。

ハーンにとってのドル箱であるジョシュアが好内容で王座に返り咲きさえすれば、これくらいの金額はいずれ回収できる。ただ、アマ時代から絶えずトップを走ってきた前王者が、29歳にしてボクシングに倦怠(けんたい)を感じ始めているというのは業界内で少なからずささやかれてきた話。そこにヒントらしきものがうっすらと見えてくる。身近でそのキャリアを眺めてきたプロモーターが、ジョシュアの疲れと限界を見て取り、敗戦覚悟で早々と大金を稼ぎにいったのだとすれば……。

もちろんこれらは業界関係者の意見、推測であり、プロモーター、当事者から決断の真の理由が語られることはあるまい。いずれにしても、12月7日のリングから様々なものが見えてくるはずだ。一時は現代ヘビー級の救世主とすら目されたジョシュアにとって、キャリアの分岐点となる一戦はもう約3カ月半後――。

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

共有
印刷
その他

格闘技のコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
6月の対戦でジョシュア(左)は4度のダウンを奪われTKO負けを喫した=ロイターロイター

 2019年最大の一戦は中東の地で行われることになった。世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)、世界ボクシング機構(WBO)ヘビー級王者アンディ・ルイス・ジュニア(アメリカ)と前王 …続き (8/26)

優勝から遠ざかっている阿部一二三にとっては正念場の大会になる=共同共同

 柔道の世界選手権が25日、東京・日本武道館で開幕する。東京五輪の選考レースでも大きな意味を持つ登竜門。なかでも同じ階級に日本選手が2人名を連ねる男女4階級はただ1枚の五輪切符を巡り、ライバルとの激烈 …続き (8/24)

これまでに獲得した5本の世界チャンピオンベルトを披露する井上尚弥=共同共同

 「井上の圧勝だよ。ノニトの身体が心配になる」
 世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の次戦が11月7日、埼玉でノニト・ドネア(フィリピン)を相 …続き (8/12)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。