2019年9月17日(火)

コンクリ片1.3トン分落下 JR神戸線の高架橋

2019/8/25 0:14
保存
共有
印刷
その他

JR西日本は24日、JR東海道線(神戸線)の住吉―六甲道間の高架橋から計約1.3トン分のコンクリート片が剥がれ、約6メートル下の駐車場に落ちたと発表した。駐車中だった軽乗用車のフロントガラスが割れたが、けが人はいなかった。

 高架橋から剥がれ落ちたコンクリート片(JR西日本提供、ナンバープレートを画像加工しています)=共同

高架橋から剥がれ落ちたコンクリート片(JR西日本提供、ナンバープレートを画像加工しています)=共同

JR西によると、24日午後2時45分ごろ、「付近住民から高架橋のコンクリートが落ちていると通報があった」と警察から連絡があった。高架橋は鉄筋コンクリート造で底の部分が一部剥がれたとみられ、厚さ約3センチのコンクリート片が散乱した。

同社は経年劣化による鉄筋の腐食が原因の可能性があるとみて調べる。鉄道の運行には支障がないという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。