2019年9月19日(木)

プロ野球

代打石川、劇的サヨナラ弾 巨人「M20」点灯

2019/8/24 23:15
保存
共有
印刷
その他

勝負どころで繰り出した巨人・原監督の一手がずばりと当たった。同点の延長十一回、安打で出た先頭の重信が大胆に二盗を決めると、次の回も見越して打席に立たせていた投手・田口に2ボールから代打・石川をコール。ここで決めるという指揮官の強いメッセージに26歳が劇的なサヨナラ2ランで応えた。

十一回、代打石川が中越えにサヨナラ2ラン=共同

十一回、代打石川が中越えにサヨナラ2ラン=共同

思い切りのよさが持ち味の右打者は、坂本勇から「3球振って帰ってこい」と送り出されたが、初球の速球を見逃し「もう(坂本)勇人さんの顔を見られなくなった」。それでも球威で押すDeNA・エスコバーの球筋にタイミングを合わせ、フルカウントからの154キロを中堅右へとはじき返した。

お立ち台では涙を浮かべ「チャンスに代打で使ってもらっていたのに結果を出せず、悔しい思いをしていた。(打てたのは)奇跡」。丸が効果的な2発を放ち、九回には坂本勇の適時打で追いついた。主軸が見せ場をつくった試合を落とし、マジック点灯目前で足踏みしていれば、チームの勢いに陰りが出かねない。代打生き残りを猛アピールする中堅野手が"窮地"を救った。

(常広文太)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

オリックス戦に先発し、8回無失点で自身10連勝で11勝目を挙げた西武・ニール(18日、メットライフドーム)=共同

 1イニングあたりに費やしたのはわずか10球前後。「一番意識したのはコントロール」という西武のニールは、初回から変わらぬペースで淡々と投げ続けた。オリックス打線のバットにボールが当たれば内野ゴロに次ぐ …続き (18日 23:18)

 【台北=伊原健作】プロ野球の楽天を所有する楽天グループが、台湾プロ野球の人気球団ラミゴを買収することが18日、わかった。複数の台湾メディアが報じた。買収総額は11億円前後になる見通しだという。
 台湾 …続き (18日 22:23)

6回楽天2死一、三塁、島内が中前に適時打を放つ(18日、ヤフオクドーム)=共同

【楽天6―2ソフトバンク】楽天が勝率5割に復帰した。2―2の六回に藤田の適時打、渡辺佳のスクイズ、島内の適時打で3点を勝ち越し。七回は渡辺佳の適時打で加点した。美馬は5回2失点で8月2日以来の8勝目。 …続き (18日 22:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。