2019年9月23日(月)

世界の分裂防げるか、結束確認へ正念場 G7開幕
保護主義・ポピュリズム台頭

政治
ヨーロッパ
2019/8/24 22:30 (2019/8/25 5:23更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ビアリッツ(フランス南西部)=甲原潤之介】主要7カ国首脳会議(G7サミット)が24日午後(日本時間25日未明)、フランスのビアリッツで開幕した。米欧は保護主義やポピュリズム(大衆迎合主義)が台頭し、閉塞感を強める。米中両国による報復関税合戦はグローバル経済の危機でもある。世界の分裂を阻止できるか。G7サミットはその試金石となる。

【関連記事】
「イラン核保有させず」G7一致 有志連合は議論せず
トランプ氏、イランとの衝突望まず 米仏首脳会談

G7サミット直前の23日、トランプ米大統領は2500億ドル(約26兆円)分の中国製品に課している制裁関税の引き上げを発表した。中国の報復関税への対抗措置で、トランプ氏はその余勢を駆ってG7に参加する。

2017年にトランプ氏が大統領になって以降、サミットの風景は一変…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。