2019年9月23日(月)

牛肉の輸入関税9%に 日米貿易交渉が大枠合意

2019/8/25 1:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

年内にも日米貿易協定が発効することが視野に入ってきた(ライトハイザー米通商代表(左)と茂木経財相)

年内にも日米貿易協定が発効することが視野に入ってきた(ライトハイザー米通商代表(左)と茂木経財相)

【ビアリッツ(フランス南西部)=飛田臨太郎】日米貿易交渉は23日、閣僚級協議で大枠合意した。日本が米国産牛肉にかけている38.5%の関税は段階的に9%に下がる。豚肉はソーセージなどに使う低価格品の関税は1キログラム当たり482円から最終的に50円になる。25日にフランスのビアリッツで開く日米首脳会談で9月下旬に交渉を妥結する流れを確認する。

【関連記事】日米首脳、貿易交渉で基本合意 9月下旬に署名へ

茂木敏充経済財政・再生相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が21日から3日間、米ワシントンで協議し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。