家族3人襲われ負傷 岐阜の住宅、数人組逃走

2019/8/24 17:41
保存
共有
印刷
その他

24日午前11時55分ごろ、岐阜県北方町高屋太子の自営業の男性(44)宅で、3、4人の男が押し入り、男性らが襲われたと110番があった。男性と妻(41)、中学2年の長女(14)の3人が負傷したが、いずれも命に別条はない。男らは何も取らずに白っぽいライトバンで逃走したといい、県警北方署は殺人未遂容疑で行方を追っている。

 家族3人が襲われる事件があった住宅を調べる捜査員(24日午後5時38分、岐阜県北方町)=共同

北方署によると、夫婦は1階ダイニングで昼食の準備をしていた。男らに気付いた男性が扇風機を持って応戦したが、バールのようなもので殴られるなどし、頭部や腕を負傷。妻は投げ飛ばされ、長女にぶつかり、手の指を切るなどした。長女は転倒し、手にすり傷を負ったという。

一家は夫婦と子ども4人の6人家族で、1階には他に4~8歳の3人の子どもがいたが、いずれもけがはなかった。当時、玄関は施錠されておらず、ダイニングの窓は開いていた。同署が侵入経路を調べている。妻が近くの家具店に駆け込み、店員が110番した。

男らは何も話さず、いずれも上下黒っぽい服に黒い帽子、白いマスクをしていたという。

現場はJR東海道線穂積駅から北西約2.5キロの住宅や店舗が立ち並ぶ地域。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]