2019年9月20日(金)

人口減時代でも伸びる街 沖縄・福岡…

2019/8/25 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2030年に日本の人口は1億1900万人(国立社会保障・人口問題研究所調べ)と15年比で約800万人減る見込みだ。三菱総合研究所(3636)は30年の潜在成長率をほぼゼロ%と予想する。ほとんどの自治体が人口減に見舞われるが、なかには人口が増えたり、地域の中核都市として成長が期待できたりする自治体もある。逆風下でも「伸びる街」を探る。

【関連記事】人口減少幅最大の43万人、外国人は最多 人口動態調査

■沖縄県、訪日客増でホテル建設ラッシュ

那覇空港から車で北に1時間余り走ると、7月下旬に沖縄県恩納村で開業したばかりの高級ホテル「ハレクラニ沖縄」に到着する。

ハレクラニは、三井不動産(8801)が約40年前にハワイで買収した高級ホテルだ。ハワイ以外では初出店で、敷地面積は9万平方メートル弱と県内ホテルで最大規模だ。全360室から海が眺められ、客室単価は5万円強と高額だが9月まで予約でほぼ満室という。

現在は日本人の宿泊客が大半を占めるが、アジアや欧米から誘客し、将来は外国人客を約3割まで増やす方針だ。薙野順彦統括は「ハワイに次ぐ立地をずっと探してきたが、条件に合致したのが沖縄だった」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。