トランプ氏「FRB議長、辞任望めば慰留せず」

2019/8/24 12:58
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領は23日、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長について「彼が辞任を望めば慰留しないだろう」と述べた。ホワイトハウスで記者団に語った。ツイッターでも「いつもどおりFRBは何もしなかった」と書き込み、パウエル氏が23日の講演で利下げを明言しなかったことに不満をにじませた。

トランプ米大統領=AP

トランプ氏はツイッターで「とても強いドルととても弱々しいFRBが存在している」と指摘。他国に比べて金融緩和で出遅れているとの見方をにじませてパウエル氏を批判した。「私が抱いている唯一の疑問はパウエル氏と(中国の)習近平(シー・ジンピン)国家主席のどちらがより大きな敵なのかということだ」とも指摘した。

パウエル氏はワイオミング州で演説し「成長持続への適切な行動を取る」と説明し、追加利下げに含みを持たせた。ただトランプ氏は講演直前に「さあFRBの番だ!」とツイッターに書き込んだ。利下げに関して踏み込んだ発言を期待していたようだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]