トランプ氏「金正恩氏は信頼損なわず」 ミサイル発射で

2019/8/24 12:55
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領は23日、北朝鮮が新たに弾道ミサイル2発を発射したことに関連し、金正恩(キム・ジョンウン)委員長は自身との信頼関係を損なっていないとの見方を示した。「彼はミサイル実験が好きなんだ」と指摘した。弾道ミサイルの発射は国連決議違反となるが容認する姿勢を改めて示した。ホワイトハウスで記者団に語った。

G7サミットへ出発するトランプ米大統領(23日)=ロイター

トランプ氏は「金正恩氏は私に非常に素直だと思う」と語り、良好な関係をアピールした。「米国は短距離ミサイルを規制したことはない」と指摘し「(米朝関係などが)今後どうなるか見てみよう」と述べた。

トランプ氏は金正恩氏から8月上旬に受け取った手紙で20日に終了した米韓合同軍事演習後は短距離ミサイルの試射を停止すると記されていたと説明していた。金正恩氏はこの約束を破ったがトランプ氏は批判を控えて個人的関係の維持を優先しているようだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]