東電、柏崎刈羽の一部廃炉検討、6・7号機の再稼働前提

2019/8/24 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力ホールディングスが柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)の一部廃炉を検討していることが分かった。東電が目指す同原発6、7号機の再稼働の実現後に1~5号機の中から廃炉対象を選ぶ。再稼働の前提として地元の柏崎市が廃炉計画の策定を求めていたことに対応する。ただ、新潟県も別途、原発を巡る検証作業を進めており再稼働は不透明な状況だ。

東電の小早川智明社長が26日、柏崎市の桜井雅浩市長に会い、1~5号機のす…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]