2019年9月15日(日)

プロ野球

DeNA東、鬱憤晴らす快投 Gのマジック点灯阻止

2019/8/23 23:17
保存
共有
印刷
その他

回を追うごとにテンポの良い投球がさえわたった。効果的な2発で序盤に5点のリードをもらうと、DeNA東は気迫十分に腕を振り続けた。「個人的にもチームにとっても重要な一戦」と臨んだマウンドで8回1失点。5月30日以来となる白星は、崖っぷちにあるチームを鼓舞する大きな1勝だ。

【23日のプロ野球 結果と戦評】

 8回1失点で4勝目を挙げたDeNA・東=共同

8回1失点で4勝目を挙げたDeNA・東=共同

「チェンジアップを低めにうまいこと投げられた」と左腕。速球が走り力で押しこめた分、巨人打線は分かっていても、東の沈む得意球に面白いように手を出した。

坂本勇を四回に空振り三振、七回に遊ゴロにしとめたのは、いずれも外角低めのチェンジアップ。乗せたくないキーマンの体勢を完全に崩して仕事をさせず、七回まで単打2本の快投を演じた。

心がけたのは「チームの攻撃につなげるためのリズムの良い投球」。打線の援護は三回以降もらえなかったが、守りでは助けられた。八回、無死からゲレーロに中越え適時打を浴び、なお三塁の場面。次打者の定位置への中飛を神里が本塁へワンバウンド送球し、タッチアップした走者を刺す。ピンチを救うビッグプレーで勝敗が決した。

今季は左肘の違和感で出遅れ、指にマメができた影響で2軍暮らしが長かった昨季新人王は、巨人の優勝マジック点灯を眼前で阻止し「一つでも多く勝つのが自分の使命。優勝のチャンスはまだある」。この日1軍に復帰し、即スタメンで貴重な2ランを放った梶谷とともに、戻ってきた戦力が輝きを放った。(常広文太)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

8回日本ハム1死満塁、清宮が右前に2点打を放つ(15日、札幌ドーム)=共同

【日本ハム7―5ソフトバンク】日本ハムが逆転勝ち。1―4の六回に大田、中田の適時打で1点差に迫り、八回は中田の同点打、清宮の2点適時打、清水の適時打と打者一巡で4点を奪った。堀が4勝目。ソフトバンクは …続き (17:21)

阪神戦でプロ野球史上81人目となるノーヒットノーランを達成し、チームメートから祝福される中日・大野雄大投手=中央(14日、ナゴヤドーム)=共同

 プロ野球中日の大野雄大投手(30)が14日、ナゴヤドームで行われた阪神23回戦で史上81人目(通算92度目)の無安打無得点試合を成し遂げた。6日に令和初達成としたソフトバンクの千賀滉大に続いて今季2 …続き (14日 19:31)

巨人に勝利し、タッチを交わす広島ナイン(14日、東京ドーム)=共同

【広島6―5巨人】広島が競り勝った。5―5の延長十回に先頭打者の野間が二塁打で出塁。バントで1死三塁として捕逸で1点を勝ち越した。 …続き (14日 21:14更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。