2019年9月20日(金)

FRB議長「世界景気さらに減速」 追加緩和に含み

2019/8/23 23:00
保存
共有
印刷
その他

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長=AP

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長=AP

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は23日の講演で「世界景気にはさらに減速の証拠がみられる」と指摘した。米経済そのものは「個人消費がけん引して良好だ」と主張しつつも「成長持続へ適切な行動を取る」と明言し、追加利下げに含みを持たせた。ただ、9月中旬の次回会合で追加緩和に踏み切るかは明言するのを避けた。

パウエル氏は23日、米ワイオミング州で開いた国際経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)で講演した。FRBは7月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)で10年半ぶりの利下げに踏み切り、市場は9月中旬の次回会合で追加緩和を決断するとみている。

パウエル氏は「7月の会合後、株式市場は不安定で、世界的に長期金利が急落した」などと警戒感を示した。さらに「米経済の成長持続へ適切に行動するだろう」と述べ、景気見通しが改善しなければ、追加利下げに踏み切る考えを示唆した。

ただ「米経済活動は良好で、物価上昇率も目標の2%に戻っていくようにみえる」とも主張。9月の次回会合で追加利下げに踏み切るか明言するのは避けた。先物市場はほぼ100%割合で、次回会合での利下げを織り込んでいる。FOMC内には利下げに慎重な意見が残っており、パウエル氏も「貿易問題などの進展を慎重に見極める」と述べるにとどめた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。