日韓関係影響か、観光客が大幅減 今夏の成田空港

2019/8/23 20:59
保存
共有
印刷
その他

東京出入国在留管理局は23日、夏の繁忙期に当たる9~18日の出入国者数(速報値)を発表した。成田では、大半が観光目的の短期滞在で入国した韓国人が前年同期比35%減の約1万2300人。羽田では、韓国へ向かう利用者が同4%減の3万1750人となった。いずれも日韓関係が影響したとみられる。

管理局によると、デモによる混乱があった香港に向かう利用者は成田、羽田ともに10%以上減り、成田3万8200人、羽田1万5680人だった。成田では韓国へ向かう利用者数が4%増の5万8200人で、日本人の韓国旅行が押し上げたとみている。

日本人と外国人を合わせた出入国者数は、成田が5%増の約105万6700人で、羽田は3%増の52万7890人だった。

出国先別の人数は、成田がハワイやグアムを含む米国、中国、韓国の順。羽田では中国、韓国、米国が上位で、シンガポールが19%と大幅増で1万8400人だった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]