イデコ加入、65歳まで延長へ 高齢者の就業増に対応

2019/8/23 21:00
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は23日、個人型確定拠出年金(イデコ)の制度の見直し議論を始めた。65歳まで加入できるよう年齢制限を見直し、全ての会社員が入れるように手続きを簡素にする。少子高齢化で公的年金の先細りが避けられない一方、就業する高齢者は増える。働いている間に自力で資産形成ができる機会を増やし、老後の備えを厚くすることを狙う。

【関連記事】イデコ加入、全会社員に 企業型年金と併用可能

社会保障審議会(厚労相…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]