2019年9月22日(日)
スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

ノーシード浅井、逆風制して首位発進

2019/8/23 20:17
保存
共有
印刷
その他

激しい雨風にさらされたパー5の1番でピン手前6メートルに2オン、イーグル発進した。逆風で「メッチャ難しいコンディション」と浅井。気持ちに余裕ができ、2番のピンチで3メートルを決めパーを拾うと、初日68で終えた。

【21歳浅井が首位 上田ら2打差2位 CAT女子】

第1日、2番でティーショットを放つ浅井咲希。5アンダーで首位=共同

第1日、2番でティーショットを放つ浅井咲希。5アンダーで首位=共同

前週に新ドライバーに替えたばかり。避暑地・箱根のコースは標高が高いのも相まって「1番手ちょっと飛距離が伸びている」という。アイアンも飛んでいるぶん、クラブ選択が難しいそうだが、5つあるパー5でスコアを5つ伸ばした。

夏場で体調を崩す選手も少なくないが、浅井は夏バテ知らず。「絶対食欲が落ちない。どうしたら減るんだろう」。乙女の悩みもあるらしいが「(開幕前から体重が)5キロくらい増えた。ウエアは(きつくなり)マジでヤバイ」と照れ笑いを浮かべる。

21歳。同じ「黄金世代」からは、既に渋野ら8人の優勝者が誕生しているが、中でも「さくちん」と呼ぶ小祝の勝利がうれしかったという。ただ、自らの目標はシード獲得。「きょうは出来過ぎ。赤字(アンダーパー)で回れたら上出来かな」と第2ラウンドをにらんだ。(吉良幸雄)

保存
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

第2日、16番でティーショットを放つ鈴木愛。通算9アンダーで3位=共同

 グリーン上の出来不出来が、鈴木の“スマイルマーク”のバロメーター。ボギーなしの69の初日は4~5メートルのパットが入らないと言って口をとがらせていたが、「久しぶりにパットが決まってくれた」と頬が緩ん …続き (21日 19:55)

第3日、15番でティーショットを放つ今平周吾。通算9アンダーで2位(21日、ベアーズベストチョンナGC)=共同

 シンハン・ドンヘ・オープン第3日(21日・韓国・ベアーズベストチョンナGC=7238ヤード、パー71)26歳で昨季の国内ツアー賞金王の今平周吾が6バーディー、3ボギーの68で回り、ジェイブ・クルーガ …続き (21日 17:28)

第2日、3番でショットの行方を見つめる渋野日向子。通算5アンダーで20位(21日、新南愛知CC)=共同

 デサント東海クラシック第2日(21日・愛知県新南愛知CC=6437ヤード、パー72)首位タイから出た今季3勝の申ジエ(韓国)が68と伸ばし、通算13アンダーの131で単独トップに立った。3打差の2位 …続き (21日 16:47)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。