2019年9月22日(日)
スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

石川、連日の7バーディー 雨にも負けず

2019/8/23 20:16
保存
共有
印刷
その他

バーディー奪取は連日の7個、風が吹いた前日は2個あったボギーを雨のこの日は1個にとどめて66。石川にとって2012年大会の第3R、最終Rでマークして以来のコース自己ベストとなる。4連続で前半を締めた9番パー5のバーディーは「珍しい北風」に誘われて挑んだ2オンに成功、ピン奥16メートルを2パットで収めた。

【石川、暫定で単独首位 セガサミー杯2日目】

 第2日、5番でティーショットを放つ石川遼=共同

第2日、5番でティーショットを放つ石川遼=共同

個々のショットの出来にまだ波はあれど一喜一憂しないのは、やはり勝利が良薬となっている。3季ぶりのツアー優勝を飾った7月の日本プロ選手権(鹿児島いぶすきGC)では第3Rで「連続ダブルボギーを打っている。それを思えば(前日の)立ち上がりの連続ボギーもなんとかなると思える。いいドライバーといいアイアンショットを打って最後はパット勝負。冷静にそこだけに集中する」。この日も16番パー3でグリーンを外し、寄せも失敗、唯一のボギーをたたいたあと、17番で12メートルを沈めてすぐさまスコアを取り戻した。

米ツアーで今季最終戦を戦う松山英樹は前週のプレーオフで3位。「7600ヤードもあるコースで英樹は2回も9アンダーを出した。メジャー以外なら現代のゴルフはコースの長さは関係なくなっている」。自らが世界に追い付くのにドライバーをあと30ヤード飛ばすより、その差を本来得意とするアイアンショットでどう埋めるか。雨で距離が長くなったこの日のコースは格好のテストといえた。(串田孝義)

保存
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

 優勝カップを手に笑顔を見せる谷口徹=共同

 いつも強気でならす谷口が優勝スピーチで「いっぱいいっぱいでした」と漏らした。言葉に嘘はないだろう。最終18番、優勝パットになると思われた1メートルのパーパットを右に外して1.5メートルオーバー、返し …続き (18:40)

 全英女子で42年ぶりの海外メジャー制覇を果たした渋野の「シンデレラ物語」に終わりはない。首位の申とは8打差。最終組の7組前、1時間10分も早くスタートし、痛快な逆転劇を演じた。

 さすがに優勝は無理だ …続き (17:41)

 ゴルフの日本シニアオープン選手権は22日、埼玉県日高CC(7019ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、初日から首位を走った谷口徹(51)が3バーディー、3ボギーの72で通算8アンダー、280と …続き (16:16)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。