2019年9月17日(火)

都の文化プログラム、企画公募事業をブランド化

Tokyo2020
東京
2019/8/26 6:00
保存
共有
印刷
その他

東京都は2020年東京五輪・パラリンピックの機運を醸成する都独自の文化プログラムで、企画公募型の13事業をブランド化すると発表した。「スペシャル13」と名付け、ほかのプログラムと違いを明確にして重点的にPRする。東京の芸術文化の粋を集めた特別な事業と印象づけ、注目度を高める。

13事業は都の文化プログラムでは唯一の企画公募で、国内外2436件のアイデアから選ばれた。厳選された特別感を前面に押し出すことで「見たい、参加したい」という都民らを増やす狙いだ。輸送トラックを移動式の舞台にする事業や、実在する人間の顔を大きなバルーンにし空に浮かべる事業などがある。

13事業は9月から順次始まり、五輪の機運を盛り上げる。機運をより大きく醸成するためには多くの都民らの参加を促す必要があると判断し、ブランド化を進めることにした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。