米国へ農業市場開放を要求 日本産牛肉など輸出増狙う

2019/8/23 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=飛田臨太郎】日本政府は21~22日(日本時間22~23日)に開いた日米貿易交渉で、米国に農業の市場開放を要求した。米国内で人気が高まっている日本産牛肉を中心にコメやしょうゆなどの関税の削減・撤廃を求めた。

米国が一部を容認する可能性がある。米国も日本に農産品の関税下げを求めており、双方が妥協できる合意内容を探る。

茂木敏充経済財政・再生相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]