「無意識に操作」と作業員 新幹線ドアコック閉め忘れ

2019/8/23 18:26
保存
共有
印刷
その他

東北新幹線で21日、仙台発東京行きはやぶさ46号のドアが走行中に開いた問題で、原因となったドアを手動で開閉するための「ドアコック」の閉め忘れについて、直前に操作をした60代の清掃作業員の女性が「次の作業を考えていて、無意識に(手順にない)コックも開けてしまった」と説明していることが23日、JR東日本への取材で分かった。

JR東によると、コックは車両の左右両側に取り付けられていて、新幹線が停車中に作業員が清掃する際、乗り降りするためドアを開閉するのに使う。本来であれば自分が出入りする側のコックだけを操作するが、女性は反対側のコックも開けたのに閉め忘れていた。

女性を含む責任者2人が出発前に全車両のコックを確認する手順だったが、気付かなかった。

車両は21日午前、東北新幹線の仙台―白石蔵王間を時速280キロで走行中、9号車の進行方向右側のドアが開いたことを示す表示が出たため、運転士が緊急停止させた。ドアは約40秒開いていた。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]