/

この記事は会員限定です

関西メガ信金、産業育成の原点に 地銀攻勢で収益悪化

[有料会員限定]

関西は貸出金が1兆円を超える"メガ信用金庫"が5つと全国でも有数の信金王国だ。地元企業と密着した関係を生かし、低金利下でも相対的に高い貸出金利を維持してきた。だが足元では地銀の攻勢を受け、収益基盤が侵食されている。単なる資金の出し手から地場産業を育成するという信金本来の原点に立ち返る転機を迎えている。

信金の貸し出しシェアが高まっている。日本銀行大阪支店のデータでは、関西の信金の貸出金シェアは最新の201...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1033文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン