/

この記事は会員限定です

パーソルHD、「an」終了はリクルートへの挑戦状

証券部 五十嵐沙織

[有料会員限定]

パーソルホールディングスはアルバイト求人情報サービス「an」を11月に終了する。老舗の情報誌をルーツに持ち、パーソルHD幹部の思い入れも強いブランドの撤退に踏み切ったのは、好調が続く転職支援サービス「doda(デューダ)」の成長を加速するため。目指すのは転職市場での「リクルート越え」だ。

「泣きそうな気持ち」。パーソルHDの関喜代司・最高財務責任者(CFO)はanの終了に無念さを隠さない。anは1967年に当時の学生援護会(後にインテリジェンスと合併)が創刊した「日刊アルバイトニュース」が前身。その後の業界再編を経てパーソルHDの傘下に入った。関CFOも学生時代には紙媒体の「an」でアルバイトを探した経験を持つ。社内にはanの事業に30年以上携わった社員がおり、終了に反対する幹部もいたという。

「かつての学生」には抜群の知名度を誇るanだが、平成の終わりにかけては苦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン