2019年9月21日(土)

浜松商議所会頭、大須賀氏の続投を要請 スズキ会長ら

2019/8/23 18:16
保存
共有
印刷
その他

10月末に任期満了となる浜松商工会議所の会頭人事について、スズキの鈴木修会長、ヤマハの中田卓也社長らが23日記者会見し、同日中に大須賀正孝会頭に続投を要請すると発表した。大須賀会頭はハマキョウレックス創業者で現在会長。2013年に会頭に就任し、現在2期目で、2期目の任期満了をもって勇退する意向を表明していた。

記者会見するスズキの鈴木修会長(右から2人目)ら

記者会見したのは、ほかに浜松いわた信用金庫の御室健一郎理事長、釣具店イシグロの社長で浜松商議所副会頭の石黒衆氏。

記者会見で中田社長は「浜松の経済界を代表する商議所会頭は地元浜松に密着して隅々まで熟知している大須賀会頭が最適」と話した。鈴木会長は「大須賀会頭は余人をもって代えがたい。スズキやヤマハらが次世代産業の育成でサポートしていく」と述べた。

また御室理事長は「地域の発展には続投が必須」と述べ、石黒副会頭は大須賀会頭について「トラック1台から物流業を成長させた手腕と経営力は中小零細企業が集まる商議所会員に夢と希望を与える。職員と会員にも信頼が広がっている」として、商議所内部からも続投を望む声が上がっていることを明かした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。