/

埼玉県知事選、各候補が最後の訴えへ 25日投開票

任期満了に伴う埼玉県知事選は25日、投開票される。4期務めた上田清司知事の後任を選ぶ選挙で、16年ぶりに新人同士が争う。各候補者は選挙戦最終日となる24日、さいたま市などで「最後の訴え」に全力を挙げる。過去3回の知事選で20%台と低迷が続く投票率が上向くかどうかも注目される。

埼玉県選挙管理委員会は投開票の速報リハーサルに取り組んだ(23日、埼玉県庁)

野党4党が支援する前参院議員の大野元裕氏(55)、元高校教諭の武田信弘氏(65)、医師でNHKから国民を守る党の浜田聡氏(42)、元会社員の桜井志津江氏(63)、自民、公明両党が推薦するスポーツライターの青島健太氏(61)の5氏が立候補している。

県内で急速に進む少子高齢化への対応や、16年に及ぶ上田県政の路線を踏襲するか、刷新するかなどが主な争点だ。選挙戦は上田知事や野党が支援する大野氏と、自民党本部が全面支援する青島氏が激しく競り合う事実上の与野党対決の構図が鮮明になっている。

大野氏は上田県政の継承と発展を掲げ、県境近くを走る鉄道や幹線道路の延伸などを訴える。青島氏は積極的なインフラ整備や子供のための政策を主張する。党勢を拡大したい浜田氏は動画の投稿を通じた独自の選挙戦を展開。武田氏はエネルギー政策の転換、桜井氏は歩道橋の整備などを掲げている。

県選挙管理委員会によると、7日現在の選挙人名簿登録者数は613万7020人(男305万8771人、女307万8249人)。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン