/

この記事は会員限定です

山形・高橋型精、初の自社製品「採便シート」を海外へ

[有料会員限定]

金属加工の高橋型精(山形市)が新規事業に挑んでいる。大腸がんの検査などに使う採便シートを開発。高機能品の需要があるタイや北米でも販売を始めた。本業は堅調だが、「黒子役にとって自社製品は悲願」(高橋光広社長)。販路もノウハウもない医療分野で、地元銀行のサポートを受けるなど総力戦で新たな事業モデルを目指す。

創業77年の同社は光学フィルムなどを刃物で切り取る精密抜型が事業の中心。50人の社員で5億円を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り773文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン