2019年9月23日(月)

東京ムーブメント

フォローする

深夜に五輪の観客どう運ぶ 鉄道、ダイヤ編成に奔走

Tokyo2020
2019/8/23 17:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年東京五輪の期間中、深夜帯に観客をどう運ぶか。首都圏の鉄道事業者が対応に追われている。暑さ対策や競技分散のため、試合終了が深夜となる場合も少なくない。各社は大量輸送に向け、運行時間延長や臨時ダイヤの計画を20年春にも公表する見通し。ただどれほど利用があるのか予測は示されておらず「詳細な計画を決められない」との声が漏れる。

「観客らの需要予測が分かり次第、ダイヤ編成や人員配置を詰めていく」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
20年五輪競技「スポーツクライミング」のルールに準拠した大会を開く

 ジム運営のBOULCOM(ボルコム、東京・品川)は東京・大手町近くで2020年東京五輪の競技に準拠したボルダリング大会を開く。第1弾は10月19日で、千代田区の後援を受ける。同社によると同区内で本格 …続き (9/19)

東京都内の青山通り(国道246号)の遮熱性舗装(写真右)と一般的な舗装(写真:日経コンストラクション)

 道路の遮熱性舗装は2020年の東京五輪・パラリンピックでマラソン選手に快適な競技環境をもたらせるか――。道路関係以外の学識者から遮熱性舗装の効果に異議を唱える声が上がった。
 東京農業大学の樫村修生教 …続き (9/18)

マラソングランドチャンピオンシップのコースとなった日比谷通りを警戒する警察官(15日、東京都港区)

 2020年東京五輪の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、都内で開かれた。五輪とほぼ同じコースで競われた今回のレースは、本番に向けた警備などの最終テストの位置付けだ。警 …続き (9/15)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。