/

ウチダエスコ、純利益6割増に上方修正 19年7月期

パソコン販売や保守サービスを手がけるウチダエスコは23日、2019年7月期の連結純利益が前の期比59%増の5億6700万円になったようだと発表した。18%増を見込んでいた従来予想を上回った。20年にサービスが終了する米マイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」からの買い替え需要が想定以上に膨らんだ。

売上高は9%増の136億円と従来予想を4億円弱上回り、増収幅が拡大した。ウィンドウズ7のほか、学校市場向けのIT(情報技術)関連機器の需要が旺盛で、パソコン設置サービスが売り上げを伸ばした。営業利益は54%増の8億1900万円と約2億円上方修正した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン