パラリンピック進化形

フォローする

進む東京のバリアフリー パラリンピックまで1年

Tokyo2020
2019/8/25 0:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

障害者スポーツの祭典、2020年東京パラリンピックの開幕まで25日で残り1年。22競技540種目の大会に世界から4400人の選手が参加する見通しだ。大会組織委員会や国、東京都などは、選手や観客が障害の有無にかかわらずアクセスできる環境を目指し、競技会場や移動ルートのバリアフリー化に取り組んでいる。

【関連記事】障害者スポーツ、広がる裾野 パラリンピック開催を機に

大会時の車いす席は全体の1.2%の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

パラリンピック進化形 一覧

フォローする
購入手続きは「15日まで」と知らせるパラリンピック観戦チケットの販売サイト


 2020年東京パラリンピック観戦チケットの第1次抽選で、購入手続きが15日午後11時59分に締め切られる。当選したチケットは原則全て購入する必要があり、20年5月以降に発行される予定だ。
 抽選結果は …続き (10/13)

 2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は2日、パラリンピック観戦チケットの第1次抽選結果を公式販売サイトで発表し、メールでも通知した。15日までに購入手続きをサイト上で済ませる必要がある。 …続き (10/2)

大会でパワーアシストスーツを着用し補助するボランティア(26日、東京都千代田区)

 2020年東京パラリンピックに向けたパラパワーリフティングのテスト大会が26日から東京国際フォーラム(東京・千代田)で開かれ、運営作業をサポートする装着型ロボットが初めて活用された。本番でも同様のロ …続き (9/27)

ハイライト・スポーツ

[PR]