/

この記事は会員限定です

脳機能の修復薬、20年以降に相次ぎ登場へ

[有料会員限定]

バイオスタートアップのサンバイオは2020年1月までに、外傷で損傷した脳機能を再生させる治療薬の承認を申請する。大阪大学発スタートアップのステムリムなども脳細胞の修復を促す医薬品の開発を進める。これまで脳神経細胞の再生は不可能とされてきたが、常識を覆す治療薬が20年以降に相次ぎ登場する可能性がある。

サンバイオが開発するのは再生細胞薬の「SB623」。交通事故などで脳を損傷し、手足が思うように動かせなくなっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り407文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン