/

この記事は会員限定です

仮想ロボ、エースの働き 「RPA」が急拡大

[有料会員限定]

人間が担っていたパソコンの定型作業を自動化するソフト「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」が、働き方改革や業務効率化の切り札として定着しつつある。住友商事はグループ全体で年間10万時間超に相当する労働時間を削減。ソフトバンクなど数千人規模の業務を削減する企業も登場している。だがRPAは「魔法のつえ」ではない。成功に導くには、乗り越えるべきハードルがある。

社員が引き払った深夜のオフィス。東京・大手町の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1879文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン