仮想ロボ、エースの働き 「RPA」が急拡大

2019/8/26 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人間が担っていたパソコンの定型作業を自動化するソフト「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」が、働き方改革や業務効率化の切り札として定着しつつある。住友商事はグループ全体で年間10万時間超に相当する労働時間を削減。ソフトバンクなど数千人規模の業務を削減する企業も登場している。だがRPAは「魔法のつえ」ではない。成功に導くには、乗り越えるべきハードルがある。

社員が引き払った深夜のオ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]