/

この記事は会員限定です

ウナギ商戦、輸入品は販売4割減 高値と梅雨寒響く

[有料会員限定]

今夏のウナギ商戦の販売量は前年を大幅に下回ったもようだ。日本人が食べるウナギの6割超は中国産。日本鰻輸入組合(東京・千代田)によると、加盟社の7月の輸入ウナギの販売実績は前年同期より4割ほど減った。7月までの梅雨寒に加え、世界的な資源減少に伴う価格上昇が響いた。

前年の7月と8月に計2回あった丑(うし)の日が今年は1回だけという悪条件も重なった。「これほど盛り上がらなかった丑の日は経験がない」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り442文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン