2019年9月18日(水)

すむたす、仲介手数料不要の中古物件サイトを開設

スタートアップ
住建・不動産
2019/8/23 16:20
保存
共有
印刷
その他

不動産スタートアップのすむたす(東京・目黒)は22日、売買時に仲介手数料が不要な中古物件のサイトを立ち上げた。まず中古マンションから取り扱いを始める。年末をめどに掲載物件数を300戸まで拡充する計画。仲介手数料不要サイトの存在感を高め、すむたすが自社で抱える物件の販路を広げる。

仲介手数料不要な物件を集めている

新サイトの名称は「すむたす直販」。すむたすが物件オーナーから買い取った後にリノベーションした中古マンションや、不動産買い取り会社が保有する物件を掲載する。不動産仲介会社を通さずに物件を持つ会社と購入希望者が直接取引するため、中間コストが無くなる分だけ安くなるという。

中古物件の流通市場では、売る人と買う人の間に仲介会社が入ることが一般的だ。仲介会社は成約時に双方から、物件価格の3%に6万円を加えた金額を手数料として受け取る。5000万円の物件では156万円が別途必要で、購入者の支払総額を引き上げていた。

他にも売買価格を抑える試みを取り入れており、売り手に対してはサイトへの物件掲載手数料をゼロにした。不動産買い取り会社が掲載手数料を価格に転嫁することがなくなり、近隣の物件に比べて値ごろ感を演出できるとみている。

まずは中古マンションが対象だが、中期的には戸建てや土地も取り扱う計画だ。対象エリアも首都圏から始め、地方にも順次広げていく。

すむたすは2018年に設立された。消費者らが所有する物件の買い取り価格を最短1時間で提示し、直接取引により最短2日で元のオーナーに入金完了するサービス「すむたす買取」を提供している。

(高橋徹)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。