2019年9月19日(木)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,120,550億円
  • 東証2部 68,153億円
  • ジャスダック 89,382億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率14.22倍14.05倍
株式益回り7.03%7.11%
配当利回り2.04% 2.05%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,183.53 +222.82
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,000 +200

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「FOMC解説」[映像あり]

三菱UFJ銀行 鈴木 敏之

9月19日(木)08:30

崔真淑のサイ視点「粉飾決算を見抜く3つの作法」[映像あり]

GOB Incubation Partners CFO 村上 茂久

9月18日(水)14:19

[PR]

スクランブル

フォローする

新型投信、人気のワケ 世界の「日本化」個人先取り
証券部次長 田口良成

2019/8/23 18:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国際経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)を控え、23日の東京市場は「閑散」と呼ぶほかない相場だった。市場の関心は米利下げに関する講演内容に集まるが、日本の個人マネーは「その先」を見据える。低成長、低金利から抜け出せない経済の「日本化」だ。その受け皿ともいえる金融商品が残高を伸ばしているのだ。

「夜のジャクソンホール待ち。まさにフリーズですね」。売買が低調だった23日昼、大手証券のトレーダーは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。