/

この記事は会員限定です

地方に足りぬ女性登用の意識 増田寛也氏

野村総合研究所顧問

[有料会員限定]

国が地方創生に取り組み始めて5年。第1期が終わるが、掲げた目標のうち最も成果が出ていないのが東京一極集中の是正である。

国の「まち・ひと・しごと創生総合戦略」では2020年に東京圏と地方の転出入を均衡させるという目標だった。ところが、18年の東京圏への転入超過数は13万6千人と前年より1万6千人増えた。安倍晋三首相も「達成が難しい状況である」と認めざるを得ない状況だ。東京圏は首都直下地震発生のリス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り866文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン