公務員の「二足のわらじ」をもっと
(時流地流)

2019/8/25 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

◆「二足のわらじ」という言葉はその語源からいえば否定的なイメージがある。もともと、江戸時代にばくち打ちの一部がそれを取り締まる岡っ引きの役割も担ったことに由来するためだが、今では肯定的に使われる場合が目立つようだ。日本的な雇用慣行が崩れてきたうえ、政府が働き方改革の一環として、兼業や副業を後押ししていることも一因かもしれない。

◆政府が6月にまとめた「成長戦略実行計画」には「兼業・副業の拡大」が盛り…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]