ニホンリスとサワグルミ 動物学者 今泉忠明

エッセー
2019/9/20 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京の西にある明治の森高尾国定公園は今でこそ人がぞろぞろいるが、私が子どものころは静かな深い森に覆われ、探検するにはもってこいの場だった。山の北側は裏高尾と呼ばれ、そこで迷って暗くなってしまうとムササビの鳴き声が恐ろしかった。

何十年かぶりに裏高尾へ出かけた。日影沢と呼ばれる渓流の脇に大きなサワグルミがあった。根元に腰を下ろして昼食をとっていた時、上から緑色のクルミの果肉がパラパラと落ちてきた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]