/

この記事は会員限定です

埼玉県16年ぶりの知事交代、生活者目線で投票を 記者が見た選挙戦

[有料会員限定]

うだるような暑さが続く真夏に、果たして選挙戦はどれくらい盛り上がるのだろうか。入社4年目で初めて選挙取材に臨んだ記者(26)は当初こんな思いを抱えながら、8日の埼玉県知事選の告示前から主要候補の活動現場を追ってきた。

青島健太氏の陣営はほぼ連日、大物政治家や著名人を応援に招き、大勢の聴衆を集めた。政治未経験だった青島氏も演説の構成を柔軟に変えて有権者の関心を引き付け、街頭では同氏のプロ野球選手時代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り644文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン