2019年9月21日(土)

千葉の海浜幕張駅の混雑予測 JR東千葉支社、9月中旬から

2019/8/23 14:39
保存
共有
印刷
その他

JR東日本千葉支社は、海浜幕張駅の混雑予測サービスを9月中旬から始める。海浜幕張駅やZOZOマリンスタジアム内に赤外線センサーを設置し、人の流れのデータを取り、アプリなどで情報を提供する。混雑時には駅周辺の店舗情報も発信することで回遊を促し、混雑の緩和につなげる。

海浜幕張駅の混雑予測情報をアプリ内で確認できる(イメージ)

赤外線センサーは海浜幕張駅改札内とZOZOマリンスタジアムに3個ずつ設置。データをもとに30分後までの駅の混雑状況を予測し、京葉線の運行情報や沿線情報を提供するスマートフォン向けアプリ「京葉線プラス」上と駅内の電子看板(デジタルサイネージ)で見られるようにする。

アプリでは駅周辺の飲食店や商業施設も紹介する。来訪目的や誰と来ているかといった利用者情報を入力することで、属性に応じた店舗情報を提供できるようにし、立ち寄ってもらいやすくする。

同支社は2016年から、京葉線沿線に本拠地を置くスポーツチームと連携した地域活性化に取り組んでいる。今回もその一環として、10月末までの実施を予定している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。