2019年9月20日(金)

大阪都構想、経済効果を議論へ 26日に法定協

2019/8/23 17:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「大阪都構想」の制度設計を議論する法定協議会(法定協)で26日、都構想の経済効果が初めて議題に上る。大阪府・市の委託先が2018年7月、10年で最大1兆1千億円超が浮くなどとしたが「恣意的だ」「実現性がない」といった批判を浴びてきた。20年秋にも再実施される見込みの住民投票で重要な判断材料になる可能性もあり、議論の行方が注目される。(奥山美希)

法定協は大阪府知事・市長のダブル選以降で2回目。今…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。