/

この記事は会員限定です

富山7信金でコスト削減や観光誘致 富山信金理事長

トップに聞く

[有料会員限定]

富山県内に7つある信用金庫が連携を深めている。低金利の長期化で厳しい経営環境が続くなか、事務用品の共同購買といったコスト削減策や県内への観光誘致などの地域振興策で手を携える。今後どのように協力を深化させるか。県内信金最大手、富山信用金庫(富山市)の山地清理事長に聞いた。

――7信金で連携した取り組みが増えています。

「2月に7信金で事業承継サイト運営のトランビ(東京・港)と提携した。全国に2万社を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1197文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン