2019年9月18日(水)

MacでWindows、グラフィック機能を強化

科学&新技術
BP速報
2019/8/23 13:06
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

カナダのソフトウエア企業コーレルの日本法人(東京・新橋)は22日、都内で新製品発表会を開き、米アップルのパソコン「Mac(マック)」上で「Windows(ウィンドウズ)」など別の基本ソフト(OS)を動かせる仮想化ソフト「パラレルス・デスクトップ」の最新バージョン15を発表した。

パラレルス・デスクトップ15を発表(撮影:山口健太)

パラレルス・デスクトップ15を発表(撮影:山口健太)

パラレルス・デスクトップ15は、13日にグローバル向けに発表したバージョンになる。直販サイトでは22日より販売を開始した。

発表会にはパラレルスマーケティング部長の日下部徳彦氏が登壇。バージョン15の特徴として、アップルが独自開発したグラフィックスAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)「Metal(メタル)」や、Macの最新OS「macOS Catalina(カタリナ)」の新機能などへの対応を挙げた。

Metalを使用したグラフィックス性能については、Windows10の仮想マシンで米マクロソフトのAPI「DirectX(ダイレクトエックス)11」をサポートできることを特徴として挙げた。DirectX9と10についても、Metal経由で動作するという。これらは現行のmacOS Mojave(モハベ)でも利用できるものの、macOSカタリナとの組み合わせで最大の効果を得られるとした。

ユーザーのメリットとして、バージョン14では起動できなかった「Autodesk(オートデスク)3ds Max 2020」などのCAD/CAM(コンピューターによる設計/製造)アプリケーションや、「Age of Empires: Definitive Edition(エイジオブエンパイア:ディフィニティブエディション)」などのゲームが実行可能になった。

macOSカタリナの新機能として、iPadをセカンドディスプレーとして利用する「Sidecar(サイドカー)」や、Apple IDによるログインにも対応する。サイドカーではiPad上にWindows10の仮想マシンを表示して利用できるうえ、Apple Pencil(アップルペンシル)にも対応する。

iPad上にWindows 10の仮想マシンを表示した様子(撮影:山口健太)

iPad上にWindows 10の仮想マシンを表示した様子(撮影:山口健太)

直販サイトでは22日から、家電量販店や通販サイトでは30日から販売をそれぞれ開始する。直販サイトでの価格は通常版が9091円、すべての旧バージョンを対象としたアップグレード版は4819円となっている(いずれも税別)。

(ライター 山口健太)

[日経 xTECH 2019年8月22日掲載]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。