警察無線をユーチューブに投稿 男を書類送検

2019/8/23 11:18
保存
共有
印刷
その他

警視庁の警察無線の音声を動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿したとして、警視庁は23日、岩手県花巻市のアルバイトの男(49)を電波法違反(無線通信の秘密漏洩)容疑で書類送検した。警視庁によると、男は「世の中の注目を集められると思った」と容疑を認めている。

書類送検容疑は2018年9月、フリーマーケットアプリで警察無線の音声データが入ったCDを購入し、同年11月にユーチューブに音声を含む動画を投稿して無線通信の秘密を漏らした疑い。

無線の内容は2009年に中野署管内で起きたひき逃げ事件での通信指令本部とパトカーなどとのやりとりだった。元警察官の男が在職中に警察の機器を使って録音し、音声データを知人に売却。データはCDにコピーされ無線愛好家らの間に出回っていたという。

警視庁は23日、フリーマーケットアプリを通じてCDを販売した静岡県浜松市の男(41)も同容疑で書類送検した。元警察官の男の行為については公訴時効が成立している。投稿された動画は既に削除されている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]