首相「米と連携、安定確保」 日韓GSOMIA破棄で

2019/8/23 10:32 (2019/8/23 11:37更新)
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は23日午前、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことについて、米国と連携して東アジアの安全保障環境を確保する考えを示した。「米国としっかり連携しながら地域の平和と安定を確保し、日本の安全を守るために対応していきたい」と強調した。首相官邸で記者団に語った。

GSOMIAの破棄について記者団の質問に答える岩屋防衛相(23日、防衛省)

韓国側の決定に関して「国と国との信頼関係を損なう対応が残念ながら続いている」との認識を示した。元徴用工問題を巡り「日韓請求権協定違反の解消といった、国と国との信頼関係を回復し、約束をまずは守ってもらいたい」と話した。

岩屋毅防衛相は「現下の安全保障環境を見誤った対応で失望を禁じ得ず、極めて遺憾だ。韓国側に再考と賢明な対応を強く求めたい」と強調した。日韓の防衛協力の継続に関しては「2国間では困難になる」と述べた。防衛省で記者団の質問に答えた。

日韓両国はGSOMIAを通じて北朝鮮の弾道ミサイル発射に関する情報などを共有してきた。岩屋氏は日本の安全保障への影響を問われ「わが国の安全確保に支障がないように万全を期す」と語った。「外交努力で再三にわたって日本の意思は伝えている」と説明した。

世耕弘成経済産業相は同日午前、記者団に「日本の輸出管理上の措置と、全く次元の違う問題を関連付けており、全く受け入れられない」と不快感を示した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]