英蘭シェル、豪電力に参入 440億円で現地企業買収

2019/8/22 23:33
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=篠崎健太】英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルは22日、オーストラリアの電力会社ERMパワーを6億1700万豪ドル(約440億円)で買収すると発表した。シェルは石油依存からの脱却に向けて電力分野に力を入れている。豪企業の買収で事業や地域の多様化を進める。

シェルは電力事業の育成に力を入れている=ロイター

現地のシェル子会社を通じ、シドニー市場に上場しているERMパワーの株式100%を取得する。競争当局やERM株主の承認などを経て、2019年末までの買収完了を見込む。

ERMは電力の企業向け販売が主力で、同分野で豪州2位。国内に2カ所のガス火力発電所を持つ。シェルは石炭火力発電からの移行など、低炭素化に向けたエネルギー転換の基盤としても期待している。声明で「豪州でシェルの電力事業を伸ばす重要な一歩」と意義を強調した。

シェルは25年にかけて毎年、投資全体の約1割にあたる最大30億ドル(約3180億円)程度を電力分野に振り向ける方針。19年に入って蓄電池大手の独ゾンネンを買収したほか、日本で電力小売事業を始めた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]