/

この記事は会員限定です

文政権、米国の説得聞かず 総選挙へ反日世論あおる

[有料会員限定]

【ソウル=恩地洋介】韓国政府が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた。日米韓の安保協力の亀裂を深める判断だが、文在寅(ムン・ジェイン)政権は自らの支持層をにらんで「反日世論」をあおり、韓国との対話に応じない北朝鮮におもねる策を選んだ。米国の説得を振り切った決断に、保守勢力からは批判の声も上がっている。

GSOMIAの破棄を決めた国家安全保障会議(NSC)会合の後、韓国大統領府関係者は記者団に日本政府への批判を繰り返した。特に指摘したのは、文大統領が日本批判を抑制した8月15日の演説に対し、日本側が無反応...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り702文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン