韓国の軍事協定破棄、日米韓トライアングル乱す

峯岸 博
2019/8/23 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2016年11月、ソウルで日韓軍事情報包括保護協定に署名、締結する長嶺安政駐韓大使(左)と韓国の韓民求国防相=韓国国防省提供・共同

2016年11月、ソウルで日韓軍事情報包括保護協定に署名、締結する長嶺安政駐韓大使(左)と韓国の韓民求国防相=韓国国防省提供・共同

韓国政府による日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄は、両国関係への打撃にとどまらない。北朝鮮や中国を抱える東アジアの安全保障の基盤となってきた日米韓3カ国の連携を揺るがす事態だ。

【関連記事】文政権、米制止振り切る 総選挙へ反日世論あおる

朝鮮半島有事の際に在韓米軍と在日米軍は一体で運用される。今後も米国を介した情報共有は続けられるが、日韓のGSOMIAが欠ければ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]