/

車いすに乗ったまま足浴 新興企業が装置

高い洗浄力や血行促進の効果があるマイクロバブル(微細気泡)事業のスタートアップ企業、ナノプラネット研究所(大分県国東市)は今秋、車いすに乗ったまま利用できる足浴装置を発売する。要介護者に加え夜勤の介助者らのニーズも見込む。価格はオープン。大分県の医療機関と連携した実験では15分間の使用で足のむくみが取れるなど効果が確認された。大成由音社長は「水虫が改善したとの声もあった」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン