/

河野外相、駐日大使呼び抗議 「極めて遺憾」と談話も

(更新)

河野太郎外相は22日夜、韓国による日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄の決定を受け、韓国の南官杓(ナム・グァンピョ)駐日大使を外務省に呼び直接抗議した。大使は「本国に伝える」と応じたという。

河野氏は「現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応と言わざるを得ず、極めて遺憾だ」とする談話も出した。

韓国政府が日本の対韓輸出管理の厳格化と関連づけたことについて「両者は全く次元の異なる問題だ」と指摘。「韓国側の主張は全く受け入れられず、韓国政府に対し断固として抗議する」と非難した。「我が国の一貫した立場に基づき、引き続き韓国側に賢明な対応を強く求めていく」とも強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン